ホーム

rm -fr /*

GH3用互換バッテリーグリップ

いわゆる( ´ω`)ちゅうか

中華グリップと中華バッテリーをセットで用意しました。

はいドーン。

もうなんちうか丸パクリもここまで来ればありがたいという…w
接点カバーの収納まで完璧に出来ています。

各種ボタンとダイヤルも問題無く機能し、バッテリも正しく認識しています。
設定でバッテリーグリップを優先させると「BG」の表示が出るようです。

今回はハンドストラップまで用意出来ませんでしたが
なかなかの見栄えの良さです。実運用上もバッテリ2個で安心てことで。
14-140でもぱっと見は格好いいかもしれない…。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

DMC-GH3

コスパ( ´ω`)良好

中古のボディを入手しました。

GH1比較で大きくメリットがあるGH3です。

・筐体大型化、素材変更、防塵防滴仕様
・AF高速化(GH2から)
・FullHD 60p対応
・連写性能が倍に(6コマ/秒、電子シャッター時20コマ/秒)
・Wi-Fi搭載
・SDXC対応(UHS-I対応)
・電子シャッター搭載(GH2から)
・ISO感度12800まで対応(拡張25600)
・バッテリーグリップ対応

GH4は中古相場で8万程度、一応現行品なので新品と大差無いのですが予算がありません。
が、GH3はその半額以下の相場なので上記性能であればコストパフォーマンスは大変良いと思います。
また、価格差を考えてもGH2を選ぶ理由はありません。

タッチパネルやWi-Fiはおまけだと思っています。
LiveMOSとAF高速化が一番大きいメリットですね。
連写が効くのもシーンによっては大変ありがたいです。
欲を言えばシャッタースピード1/8000秒対応してくれてればなあと。

先日購入したTranscend R285を挿しました。
RAWで息継ぎまで35枚ほど、秒間6枚いってそうでした。
JPEGだと息継ぎしません。電子シャッターでもフルスピードで撮れます(4秒までの制限付きなので100枚くらい)。
HDRもありますのでRAWでブラケット撮影するのが面倒なときは便利です。

動画撮ってなんぼのGH系ですけど、そこはあえておまけのつもりでw
ひとまず60pで撮ったり、スローで撮ったりしてみましたが
シーン次第では当然アリですね。

GH1はパンケーキを載せておこうと思います。
広角単焦点と、マクロ単焦点。楽しそうです( ´ω`)

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

カードリーダー買い換え

まあそうなるな( ´ω`)

今使っているのがメルコのやーつ。色々読めて便利です。xDとかも使ってましたからねー( ´ω`)
しかしまあさすがに遅いかなーと思い始めたので(10年使ってんのか!)
UHS-II対応カードも買ったことですし、カードリーダーも買い換えました。


左がメルコのやーつ(BSCRA34U2WH,2007年製)。右がサンワサプライ。


Transcendのやーつも購入。

USB3.0(3.1)は当然として、UHS-II対応(端子が追加されるので対応していないといけない)のもので
ほどほどのお値段のものを選んでみました。
あー、メルコとかエレコムのような、専用ソフト使ったらクソ速いです的なやつは完全除外。アホかと。

サンワサプライ(ADR-3ML35BK)は自宅で使います。
うちはまだメモリスティック(Duo)が現役なので、対応している本品を選択しました。
Transcendは2種。
スティックタイプのRDF5Rは定番品。携帯しておくと便利かなと。
RDF9Kはサンワサプライの対抗です。USB3.1対応、メモリスティックも読めます。
出先の据え置きで使う予定です。
また、3製品ともmicroSDがそのまま挿せます。

さてこうなるとベンチ取るしかないわけで( ´ω`)
リーダーのベンチなのでカードはTOSHIBA SDXU-C032G(R270MB/s,W250MB/s)で固定します。

CrystalDiskMark 5.2.1 x64

型番 Read(Seq) Write(Seq)
ADR-3ML35BK 239.7MB/s 214.7MB/s
RDF9K 222.1MB/s 227.1MB/s
RDF5R 94.38MB/s 91.43MB/s

いずれも速いですなあ( ´ω`)カードの公称値には届きませんけども
・ADR-3ML35BK
 パッケージに書いてある速度が「最大217.1MB/s」ですが、これは余裕で超えてます。
 尤も、この数値の根拠がよくわかりません。UHS-IIの規格値は312MB/sなので・・・?
 緑のLEDが光りますが、なんか位置が変・・・?
 ケーブル一体型は一長一短と思いますが、据え置きならこれで良いとおもいます。
 UHS-II端子のため、カードは奥まで差し込むようになります。
 もう一つSDカードスロットがあり、そちらは標準SDカード用になるようです。
 なのでUHS-IIを2枚挿すことはできても、専用の方しかスピードは出ないわけです。

・RDF9K
 黒パッケージですが、実は透過してます。青色LEDが点灯するとよくわかります。
 端子はMicro-B。公称値はR270MB/sですが、Transcend R285で計測しても上記と大差ありませんでしたw
 W190MB/sなので、こちらは良い成績です。
 
・RDF5R
 ピンク可愛いよピンク。
 こちらはUHS-I規格までのため、規格値は104MB/sとなります。
 公称値がR90MB/s,W60MB/sなのでとても良い結果です。
 90MB/s出れば8Kビデオおkな程(V90ビデオスピード)なのでそれを考えると
 UHS-Iでも通常使う分には全く問題無い転送レートだと思います。
 あとTranscend製品はどちらも、ベンチ後、温かくなっていました。チップの発熱が大きいみたいです。
 常用というか仕様頻度が高かったり、データ量が大きかったりすると
 ひょっとすると耐久面で落ちるかもしれません。
 
カードの公称値まで50MB/sぐらい差があるので、リーダーの性能がまだ追いついていないのか
カードの性能がそもそもその程度なのか判りませんが
200MB/s超えてたらまあしばらくは何も気にしなくて良いのでは無いかと思います。
SSDの半分ぐらいは出てるわけですからね・・・。

というわけでこの3製品は安定感抜群でお勧めですなー( ´ω`)

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

SDカード買い換え

買い足しではない気がする( ´ω`)

RAWが楽しいのは良いのですが
今GH1に挿しているSDカードでは転送速度が足りず
書込みに時間がかかってしまっています。
なので多少なり速い奴へ交換します。


左の2枚が新しく用意したもの。
右端が今までGH1に挿していたもの。
右から2枚目はFZ70に挿しているもの。

GH1がSDXCに対応しないので(挿してみたらエラーになりました)SDHCを用意しました。
SanDisk SDSDXPK-032G-JNJIP がリード公称300MB/sとありますので、多分それが最速ではないかと思いますが
今回はTranscendとTOSHIBAです。

ブランド型番 Read Write
Transcend R285 285MB/s 180MB/s
TOSHIBA SDXU-C032G 270MB/s 250MB/s
SanDisk SDSDXPK-032G-JNJIP 300MB/s 260MB/s

目的はRAW単写で息継ぎしないこと。
結果、どちらも満足です。当然ですよねw
じゃあRAW連写はどうかというと、どちらも5枚で息継ぎします。
さすがにRAW連写性能は求めないのでこれはおまけ( ´ω`)
GH1がUHSに対応しないため、Class10保証なのですが
同じClass10保証のTeamのSDカードではホントにClass10保証のため(公称Read15-20MB/s,Write10-16MB/s)
RAW1枚12MB程度を書き込むのにいっぱいいっぱいなわけです。

GH1の連写性能はHで3コマ/秒と遅いのでJPEGであればいつまででも連写可能ですw

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

Asus GT1030-SL-2G-BRK

宣言したしな( ´ω`)

宣言文はこちら。

結構早く出たですね。
730と同じく、Asusになりました。
特に何か変わるかというと、体感は変わるハズもなくw

確かにこのクラスでD-Subが無いのはもんにゅりしますけど
もういいんじゃないかなとw むしろDVIがあってホッとしているわけでして!

ひっさしぶりに箱開けて換装。ついでに掃除。
やっぱファンレスは良いですな( ´ω`)無音万歳

GPU-Zによると、通常時でTDPの45%ということなので15W切るくらいと思っていいんですかね。
ブラゲ程度ではピクリとも上がらないのでホント助かります。

試しに3DMarkもぶん回してみましたが、昔みたいに止まるとかマシンごと落ちるとか言うこともなく
遅いだけで普通に完走しますね。
ぶん回すとさすがにそれぞれ目一杯働きますけど、ケースファンが回り出すこともなく( ´ω`)ヒートシンク働いてんなー

今後もこのままの無音環境を維持出来ると良いですなあ( ´ω`)

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

CASIO PRO TREK Smart WSD-F20S-BK

限定バーン( ´ω`)

F20が発表されてすぐ限定版を出すという発表。
どうせ買うなら限定版・・・うっわたっか・・・。
CASIOのメルマガで6/9日発売だよーとお知らせが来たのです。

なんせ発表ベースで世界で500個。どれだけ割り当てがあるのか不明ながら開店直後のビックカメラへ。
店員さんに尋ねて、待たされる事15分。
目の前の棚下から在庫出されたw え、そこw? 裏じゃ無いんだw?

事前に「箱がデカい」「高い」ぐらいは判っているのですが
なんせ限定品。買い間違えたら笑い話にしかなりませんので、しっかり値札も確かめます。
よし、高い。

で、保証書だなんだの儀式を通過してお支払い。
手に入れるまでに30分もかかりましたw。ま、その間他に誰も来ませんでしたけどね!
はい、開封の儀。

黒くてデカくて堅い表箱。

中箱は角が開くようになっています。刺さっているのが本体。

F10と並べてみる。

青でビス。

正面。

裏面。サファイアクリスタルの文字が。

電源ON。GPSが働きまくり。

F10で要領は判っていますので、CAT S40とサクッとペアリング。
初期設定してしまうまでに15分かからない感じでした。

公称ではF20SのほうがF10より重いのですが、素材のせいなのか軽く感じます。
ベルト素材はF20Sの方が好きですね。バックルなどが金属になっているのはもにょっとしますけど。
折角のGPS搭載なのでウォッチフェイスはデフォルトのままで。
電池の保ちは公称が

毎秒測位(カラー表示): 6~8時間(精度優先)/ 約18時間(バッテリー優先)

なのですが、家出て帰るまでに50%くらいだったので公称より少し良い感じですね。
GPSの分、F10と比べてどうかなと思いましたがさすがに実用上問題ありません。

これの差し色が青じゃなかったら普通にF20-RG買ってたんですけどねぇ…。青格好いいんだよなあ…( ´ω`)いやいや買えて良かった

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

CAT S40

びびっときた( ´ω`)

懐かしいですね。びびっときた。

キャタピラーですよ。CAT。
4年ぐらい前から本国ではスマホ出していたようです。
タフモデルといえば日本では京セラやカシオがメジャーですが
そこはあえてCATですよ。イカス!

IIJmioで6/1から取り扱うとのことなので早速申し込みました。
諸々あって到着は一週間後の6/8でした。
はい、開封の儀。

もうなんか箱が既に格好良くて鼻血出そう。出ないけど。

裏面。ラバーの真ん中にロゴ。イカス!

ファンクションキー。黄色。イカス!

左肩にロゴ。イカス!

てか、保護シートがまた格好いいったら。

スロットカバー。見るからにタフそう!イカス!

デモ多分酸素魚雷には勝てないっぽい。

OSは5系です。CM1を使っているので操作感覚はまだ現役です。
Zenfone3のSIMを挿そうと思ったらmicroだったので、FREETELのSIMを新規で用意しました(´・ω・`)
APNの設定がなんか上手くいかず、海外のよくわからないAPNが設定されたり、So-netになったり
FREETELを設定したハズなのに再起動すると消えていたり、なぜか3Gでしかつながらなかったりと
謎現象が最初だけ起こりましたが今は正常に動作しています。
またSIMを挿していない状態でGPS Testを起動してみると衛星を拾わないこと甚だしかったのですが
これもSIMを挿したあとは正しく速く拾うようになりました。ナビ動かしても正しく動作しました。
これについてはSIMのありなしが原因かどうかはわかりません。

てな感じで最初だけもにょりましたけど、やはり5インチスマホはしっくりきますね。電池デカいのもいい。
Zenfone3も別に悪くないのでそれはそれで使いますけども、いま7が降ってきているのを入れないようにしているので
若干使いづらいという(´・ω・`)デレステはまだ対応せんのか

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

現像楽しい

RAWがあるじゃない( ´ω`)

マクロが楽しくて何かというとマクロで撮っていたのですが
十数年ぶりに気がついてしまいました。
RAWで撮って現像。艦載機を放って突撃みたいな。

LUMIXにはSILKYPIXの現像ソフトが付いてきますので最新版へアップデートしました。
本格的な現像は出来ませんが、一通りの事は当然出来るのでこれで遊んでみます。
ああ、なんてちょうどいいたいみんぐでねんどろいどが!

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

南阿蘇の旅

兼90mm修行( ´ω`)

5月の半ば、阿蘇に行ったとですばい。ついでにマクロレンズというか90mm画角の修行もしたとです。

たかじょーがついにお店をオープンしたので、応援に行ったのです( ´ω`)
その名も

おもちゃ&おやつカフェ 秘密基地ゴン

スナックゴンリスペクト。ゴレンジャーラブ。
そっち系の方は話に花が咲くどころではないと思われます( ´ω`)特撮ヒーロー大好きな方は特にお勧め

南阿蘇鉄道は中松駅の駅舎内にございマウス。

看板ロボ、ギンガイオーも健在…と思ったら背中の補修後が悲しい(´・ω・`)

ゴレンジャーといえば
おどば阿蘇山たい!怒ればでっかい噴火山たい!でおなじみの大ちゃんですけども
大ちゃんといえばカレー。
当然、メニューにはカレーがあるとです。

大ちゃん盛りは覚悟が必要。お残し厳禁です。この器、かなり底が深いですw。
と言うかカレー自体もさることながら自家製鶏肉の燻製がとても美味しいので、あっという間に平らげますこれ。
デザートには豆腐とイチゴのムース。これも当然地産自家製。激ウマです。
あ、なぞなぞは出されませんでした。残念。

南阿蘇鉄道といえばこれ。タイミングが良ければラッピング電車に会えます。
期間延長しているので是非是非。これ、生で見るとかなり感動します。

そしてさらにタイミングが良ければトロッコ列車もやってきます。

若い車掌さんが当たったら乃木坂トーク振ってみるといいと思います。

カウンターにはちっさいポリマーやテッカマンなどが植わっており

こんにちは、フレンダーです。

壁にはギュッギューーーン!

これだけで垂涎する人はマジ行ったほうがいいです。

南阿蘇鉄道といえば

午後の紅茶。しっかりホームに置いてありました。見晴台駅にも是非。

オーナーのレベルが高すぎて後続がツライ状況ではありますが

訪れた際には描いて残すとよろしかろうかと。クラシカロイドファンも是非是非。

たかじょーもたいがいですが、旦那さんもたいがいなのでw
旦那さん出勤時を狙って濃いトークするのもアリ。
戦隊もの、特撮ものが大好きな小さなお子様も大きなお友達もきっとご満足いただけることでしょう。
・・・ただし半端な連中は痛い目に遭いますってオーナーが言ってた・・・w

なんせ阿蘇の麓ですので春夏秋冬どこを切り取っても良いところです。
トロッコ列車でのんびり解説を聞きながら往復して、各地のカフェで美味しいもの食べて山登って星空眺めて・・・。

そしてお泊まりはぜひ「オーベルジュ 森のアトリエ 阿蘇ルナ天文台」へw

fizik ANTARES R3 reguler

定番( ´ω`)

IzoardXPのパーツ換装も終盤です。

4月末の話ですけども、みんな大好きfizik ANTARESにしました。

REISYUYAさんでfizikサドルレンタルをしております。
SpineConceptだとANTARESかなーと思いつつ
最初にALIANTE VSXを、次にALIANTE VS、そしてANTARES VSを借りて
最終的にR3へ落ち着きました。

まず、VSXは溝が深いぶん、エッジが効いてて痛いw 10kmと短い距離でもあかん。相性がよろしくありません。
VSは浅いぶんなだらかなのでポジションさえ決まれば痛くはありません。
が、ARIANTEなのでもぞもぞしづらい。というかここで初めて、自分結構もぞもぞしてるなと気がついた次第。

で、ANTARES VS借りてはみましたが、溝要らねんじゃね?というのと、
万が一合わなくても出費がVSよりは抑えられるというのでR3にしました( ´ω`)

あー、ARIONEですが試していません。試した方が良かったかなとも思っていますが
ANTARESで慣れてしまったのでもういいかなと。
そう、慣れてしまったのです。結構早くに馴染んだので。
長距離乗れていないのが問題ではありますが、気持ち後ろ目に座るとかなりの安定感です。
後ろ目に座るのでハムストリングス使う事になってさらに安定…かどうかはわかりませんが今まで使ってないところ使っているのは間違いないです。

初期装備のSellaITALIAのサドルも決して悪くないのでこれはこれで予備にしておきます( ´ω`)

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム

UNIQLOCK
UNIQLO CALENDAR
Twitter
sssc.cc
Feed

ページの上部に戻る